今回で11回目の発表となる「朝食の美味しいホテル」ランキング。今年は7年... 秋の行楽シーズンには、車でお出かけする人も多いのではないでしょうか。長距離の運転は想像以上に疲れるもの。そこで今回は、高速道路を降りることなく入れるお風呂やシャ... 電車でのんびりと旅をするのもいいけれど、クルマでのおでかけもおすすめです。大阪中心部はビルが建ち並び、交通の便も良いですが、少しクルマで走れば美しい夜景が見える... 旅行の楽しみの一つといえば、本場のご当地グルメを味わうことではないでしょうか。近年では、東京や大阪などの大都市でも味わうことができるようになりましたが、その地域... 街を歩いているとき、あるいは電車の窓からなにげなく外を見ている時に。目に飛び込んできた奇抜なデザインの建物に驚いた経験はありませんか。誰かに教えたくて思わずカメ... Top 30 Temples and Shrines in Japan 2019 沖縄は夏だけじゃない!冬の沖縄を満喫するおすすめ観光プラン 沖縄の高級ホテル・ラグジュアリー感のある宿17選《2020決定版》|沖縄ラボ 一度聞いたら忘れない!沖縄の珍しい苗字ま … 【タイムセール】冬~春の沖縄北部を満喫 人気の古宇利島に宿泊 12/23~1/6限定販売 冬~春にかけての期間限定お得なプラン 一棟貸切のプライベートコテージなので、他のお客様との接触も無く安 … 沖縄の穴場スポットをご紹介!何度でもリピートしたくなる国内旅行といえば、沖縄ですよね。今回は「沖縄は行き尽くした」なんて人も新たな沖縄の魅力に気づくことができるかもしれまない、沖縄 … 沖縄本島北部の観光スポット情報。観光で楽しめるスポットが多くあるエリアで恩納村や名護市、本部町や今帰仁村の海はとてもきれいで有名な美ら海水族館や人気の古宇利島もあります。 秋から冬は特に、アウトドアで過ごすのにちょうどいい季節となりました。 沖縄には、いくつかのオートキャンプ場があります。なかでも施設が充実していてロケーションも最高な、沖縄本島北部 … 夏のイメージが強い沖縄ですが、冬でも気温が20度前後と過ごしやすく、快適に観光することができます。そのほかにも、沖縄にはハイシーズンにはない魅力がたくさんあります。そこで今回は、冬だからこそ沖縄へ旅行してほしい理由をご紹介します! 今年で4回目となる当ランキングでは、全国各地に点在する14の神社と16の寺院... 今回は関東近郊にあり、都心からのアクセスも便利で初心者でも楽しめる気軽な低山をご紹介します。週末に日帰りでハイキングを楽しんで、心地よい空気を体いっぱい吸い込ん... ホテル、リゾート、フライト、バケーション レンタル、パッケージ旅行などの口コミ情報が満載です!, 1月の終わり、曇天の最終時間帯15:30~でした。時間帯のせいか滞在中はほとんど貸切状態。水温が高くウェットスーツを着ていればスノーケル中もボートで移動中も全く寒くありません。洞窟の外は珊瑚が群生しているので魚が多く、餌付けするとあっという間に囲まれます。泳ぎに自信があれば自分で道具を持ってきて眞栄田岬から階段を下りてエントリーするのも有りだと思います。, 冬場でもウェットスーツを着るので大丈夫です。冬場でしかみえない小魚?稚魚?がいてそれもきれいでした。岸からのアプローチよりも船でのアプローチのほうが楽ですがどちらもたのしいとおもいます。(泳げるならば。)子供もビビらなければ1年生でも行けます。, ちょうど桜のシーズンでしたので見てきました。まだちょっと早かったか?川沿いに桜が五分咲き程度ですが、きれいでした。工事をしているようでこれから整備されてより楽しめる公園になりそうです。, 訪ねたのが桜まつりのとき。結構人が出ていましたが、本土のような人ごみはありません。桜も開花、二か月早い花見をさせてもらいました。街の真ん中に、こんな公園があるのはすてきです。近くには、県立図書館もあり、そぞろ歩きの後よせてもらいました。とても充実しています。, 雄大な山の中腹の集落にあります。周りはたくさんのシークヮーサーの果樹園も。そういうこともあって私はシークヮーサージュースをオーダーしましたが、香りがほんとに心地よくて美味しかったです。縁側のテーブルでのんびり過ごせるので、時間がゆっくり過ぎていきます。お庭の橋にハイジのブランコみたいに長いロープのブランコがあって、漕ぐとほんとに空に飛んでいきそうでした!ぜひやってみてください, 沖縄に住んでいる人でも行ったことがない場所の一つ。沖縄本島最北部の岬です。晴れてさえいれば絶景が見れます。青い海、絶壁に打ち寄せる波、白い波しぶき、これらをジッと見ているだけで良い気分になれます。, 沖縄最北端の辺戸岬。駐車場から少し歩いて写真スポット。冬の間はクジラが見えることもあるそぅです。風強め。, はじめての沖縄ではじめてのカヤックをしました!!年中体験できて最高です。サンセットが見れなくて残念でしたが、また再チャレンジします!!, 子連れ家族で行きました。冬なので泳げる気温でないけれど、自然を楽しみたく、那覇から移動距離の少ないイーズさんにお世話になりました。ガイドさんの楽しいトークとトントンミー、オカヤドカリ、水鳥たちにも会え、マングローブについての説明やガジュマル、他、気になった植物についてもなんでも説明してくださり、本当に楽しい時間でした。今度は海へカヤック参加したいです。, ただ歩いただけじゃ、ただの森林浴ですが、ガイドさんの説明でこの地区の遺跡や歴史を感じながら歩くので、俄然興味が湧いてきます。のんびり歩くのでしんどくないです。ツアー時間が80分なので時間に余裕がある方にはお勧めです。, 要予約のガイド付きツアーのみとのことに当初は疑問を感じましたが、実際に体験してみて納得。本当に貴重であろう植物群、沖縄石灰の崖や鍾乳洞、そして古代人も発掘されたという史跡を「手を触れることが出来る距離」で見て回るのですから、万が一のことがあっては大変でしょう。小雨の中、ガイドさんの説明を聞き、悠久の時間の流れを感じることのできる素敵な体験でした。, ホエールウオッチングでこの島を訪れました。海は少々荒れていましたが、乗った船もクルーザータイプの船で安心でした。ちなみに船にはトイレもついていたので安心です。島のガイドさんもクジラの知識も豊富でした。, 沖縄の田舎の原風景があります、スキューバダイビングやシュノーケリングには最高の場所です。ウミガメやクジラを観たいかた海好きなら感動して頂けると思います。海の透明度、サンゴの海、個人的には台風の過ぎた6月後半か2月中が一番の時期だと思います。, © 2018 トリップアドバイザー LLC がすべての版権を保有します。 © TripAdvisor の, * TripAdvisor LLCは旅行の予約代理店ではありません。また使用料は一切かかりません。 (, TripAdvisor LLCは、外部サイトの内容について一切責任を負いません。また、当サイトに掲載される商品価格に、税金などは含まれていません。. 沖縄観光【本島北部エリア】自然や文化を堪能できる 豊かな自然が広がり、「やんばる(山原)」とも呼ばれる北部エリア。 万座毛や真栄田岬などのフォトジェニックな景勝地や、琉球文化や大自然の魅力を体感できるスポットが充実しています。 美ら海水族館や国際通り、首里城などの人気スポットから穴場まで、沖縄本島を中心に南部、中部、北部のおすすめ観光地をエリア別にご紹介!透明度抜群のビーチや世界遺産、テーマパークなど気になる場所をチェックして観光 … 沖縄 観光 情報局では、「沖縄 観光」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。 ホーム > 沖縄 北部 観光 冬 Even during Okinawa's coldest months, December and January, the average temperature stays over 15℃. 沖縄のやんばるとは今人気急上昇中の沖縄本島の北部エリアのこと。沖縄南部、中部は開発が進み都会的な雰囲気に溢れていますが、北部にはまだまだ手付かずの大自然が息づいています。 今回はそんな沖縄北部「やんばる」の楽しみ方をご紹介! 沖縄本島北部の玄関口である名護は、景勝地からテーマパーク、グルメ、アクティビティと観光スポットが豊富!東西、そして北部も海に面しており、海岸線の美しさでも知られています。今回はそんな名護で押さえておきたい観光スポット30選を紹介します。 沖縄本島の北部とは、名護市周辺のエリアを差します。美ら海水族館や古宇利島が北部の有名な観光地ですが、他にも数多くの魅力が満載です。この記事では、沖縄北部にある定番の観光 … 年間270万人が訪れる沖縄屈指の人気スポット「沖縄美ら海水族館」。那覇から車で約2時間の本島北部本部町にあります。海洋博公園内にあり、北部観光に訪れる際には絶対に外せない場 … 沖縄には、子どもと楽しめる観光スポットがたくさん 綺麗な海やリゾートホテルのプールで水遊びするのもいいですが、せっかくなら沖縄ならではの体験を家族でしてみませんか?小さい … 沖縄観光でダントツ人気のあのスポットから、動物園、伝統工芸体験ができるスポット等々、子どもの好奇心を刺激する、ファミリーで味わえる沖縄おすすめスポットを10選紹介します。乳幼児・子どもと一緒の沖縄観光スポットを厳選しました! <<旅のプロに相談>> オーダーメイドツアーの無料相談受付中。特別な人とちょっと贅沢な旅を。(旅工房), <<楽天ポイントで30%還元! 沖縄と言えば、青い海!空!温暖な気候!というイメージですが、夏は台風のリスク、冬は雨の日も少なくないので、もしもの時のために雨の日プランも考えておくと良いかもしれませんね。また温かい沖縄といっても、冬は海に入ることができません。ですが沖縄の海を楽しみにしている方へのおすすめスポットがあります!今回は沖縄在住の現地ライターがおすすめする、雨の日でも冬でも楽しめる沖縄本島北部の観光スポット&アクティビティをご紹介します。, お天気に左右されることなく、大人から子供まで楽しめる北部の大人気観光スポット。見所は、巨大水槽を悠々と泳ぎ回るジンベイザメ!息を呑むほどの迫力を間近で体感することができます。, 海の生き物を自分の手で触って観察できるコーナーもあるので、子供はおおはしゃぎ間違いなしです。なまこのやわらかい感触やヒトデのかたい感触など、貴重な思い出になりそうですね。, マナティ館では、かわいらしいマナティの姿にキュンキュン♪運が良ければ、お食事タイムも見れるかも!?, 混雑を避けるポイントは「朝イチ」!開園直後は人もまばらなので、スムーズに観賞することができますよ。ジンベイザメの餌付けタイムやイルカのオキちゃん劇場などのイベントは、開催時間が決まっているので、事前に要チェックです!, 沖縄のビールと言えば、オリオンビール!こちらのオリオンハッピーパークでは、オリオンビールの工場見学の後に試飲もできちゃいます!運転手やお子様にはノンアルコールビールやソフトドリンクも用意されているので、参加者みんなで楽しめます。, 見学後に飲む、サーバーから注がれる出来立てのオリオンビールは格別!乾杯はぜひ、沖縄の方言「カリー!」で!, ブセナホテルの敷地内にあるこちらは、お天気に左右されずに自然の海の中を見学できる絶好のスポットです!展望台の螺旋階段を下りていくと、そこは海の中。色とりどりのお魚を壁に取り付けられた窓から鑑賞できますよ。, 窓を覗けば、海の中をお魚が自由に泳ぎまわっています。映画『ファインディング・ニモ』で人気のカクレクマノミも見れますよ♪, 雨の日はター滝でのトレッキングがおすすめです!おすすめの理由は・・・ジャングルの中なので雨が直撃しない、ジャングルが潤って緑がさらにきれいに見える、どうせ雨なら思い切ってずぶ濡れになって楽しんじゃおう!などなど、雨の日でも楽しめる点がたくさんあるからです。, 川の上流に向かって30分程度進んでいくと、滝つぼが現れます。マイナスイオンがたっぷりの中、ゆっくり滝を眺めるも良し、滝つぼで泳ぐもよし、ターザンみたいにヒモを使って飛び込むのも良しです。ただし、冬は泳ぐには水温が低すぎるので、冬の遊泳は避けましょう。, 沖縄自動車道の終着点「許田IC」を出てすぐのところにある「道の駅・許田」は、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が主催する全国道の駅ランキングで1位にも選ばれたことのある人気スポットです。沖縄の農産物やお土産も、多く取り扱っています。, レストランや売店も充実しているので、長時間ドライブをした後のお食事やおやつ探しにも最適です♪, やんばる観光案内コーナーも併設しているので、北部観光をする方はここで観光情報やお得なクーポンを集めましょう。ガイドさんも常駐しているので、相談も気軽にできます。, 沖縄旅行でもしも雨に見舞われてしまった、冬で天気がぱっとしない・・・なんて時には、気持ちを切り替えて雨の日や冬でもできる観光やアクティビティで、ぜひ沖縄を満喫してくださいね♪, ※この記事は2017年9月29日に公開した情報です。 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。. 沖縄本島北部にある、エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島。古宇利大橋を渡り、絶景ドライブを楽しみましょう。ハートロックやオーシャンタワーなど、話題の観光スポットがあ … 沖縄本島北部の観光スポット8 豊かな自然が広がる沖縄本島北部。 沖縄本島で指折りの人気観光スポットを筆頭に、沖縄の原風景が楽しめる自然スポットや時間を忘れてくつろげる森カフェなど、沖縄旅行を満喫するにふさわしいスポットが多数あります。 沖縄といえば、ダイビングや海水浴など夏の観光のイメージが強いかもしれません。しかし、冬でも沖縄観光は楽しめます。この記事では、冬の沖縄のエリア別観光地や、沖縄で堪能したい有名グルメなどについて、リサーチした情報をまとめました。 沖縄本島北部の観光スポット情報。観光で楽しめるスポットが多くあるエリアで恩納村や名護市、本部町や今帰仁村の海はとてもきれいで有名な美ら海水族館や人気の古宇利島もあります。 旅行会社がプロの目線で厳選する!情報満載!阪急交通社の沖縄本島北部観光ガイド。沖縄美ら海水族館や万座毛、琉球村、今帰仁城跡、備瀬のフクギ並木、水納島など人気・おすすめの沖縄本島北部観光スポットから知る人ぞ知る穴場まで詳しくガイドいたします。 沖縄の森を象徴する「やんばる」。本島北部一帯が「やんばる」と呼ばれ、国頭村を中心に豊かな森が広がっています。山々と亜熱帯の照葉樹林「イタジイ」が茂る深い森には、絶滅の危機に瀕する種 … 沖縄諸島で言い伝えられてきた伝説上の生物で、樹木に宿る火の精霊として有名なキジムナー。主にガジュマルの木に宿っているといわれており、その姿は「赤い髪をした小柄な... 美味しいものや美しい景色はもちろん、「ちょっと珍しい光景」との出会いも旅の醍醐味。見慣れたはずの「アレ」そっくりの岩は、目で見て楽しく、写真に撮れば土産話のネタ... 花畑や海、湖、川などの水辺……。一面の「青」が広がる絶景スポットへ出かけませんか。晴れた日には陽光でその鮮やかさが増し、とってもフォトジェニック! ... 毎年増え続ける世界遺産。でも正直、今、日本にいくつの世界遺産があるかちょっとわからなくなっていませんか? 2019年7月に新たに「百舌鳥・古市古墳群」が登録され... 47都道府県に住む各100名、合計4700名にアンケート調査を行い、「旅行者におすすめしたい地元グルメのメニュー」を教えてもらいました。この中から、特に推薦の多... フロア全体がゆっくりと回り、食事をしながら窓からの景色を360度楽しめる回転レストラン。昭和世代にとっては懐かしく、平成世代にとっては一周回って新鮮な響きでしょ... Top 20 Best Breakfast Hotels in Japan 2020 そのため北部のほうが早く咲くそうです。見頃は1月下旬。 沖縄の花見事情 県外のように桜の木の下で宴会や食事などはしません。ただ花を見るだけなんです。沖縄も冬はそれなりに寒いですからね。 桜ま … 恩納村は、沖縄本島のほぼ中央部の西海岸に位置しています。那覇空港からは車で1時間ほどの距離です。屈指のリゾート地ではありますが高級リゾートホテルからリーズナブルな宿泊施設が混在しており、観光スポットもたくさんあるため年中観光客が訪れる場所でもあります。 数多く人気観光地が点在する沖縄。沖縄には人気観光地だけではなく、隠れた名所もたくさんあります。そんな沖縄本島の中央から北部まで、マイナーでマニアックな穴場のおすすめ7選をご紹介!観光 … それでは、冬の沖縄本島のおすすめスポットを紹介します! 青の洞窟(国頭郡恩納村真栄田) 太陽光線の反射によって洞窟全体が青く輝いて見える場所。 2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン... 寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国... 広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っている順... 入場者数日本一の「沖縄美ら海水族館」や、アメリカの雰囲気が漂うリゾートタウン「美浜アメリカンビレッジ」、昔ながらの沖縄を再現したテーマパーク「琉球村」など、雨の... 全国各地に数多ある水族館の中から、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っている順に、全国の人気水族館ランキングをご... 【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります. 新型コロナウイルスの影響により、掲載情報が変更となっている場合がございます。最新情報は、各施設などの公式サイト・SNSなどにてご確認ください。 沖縄の観光スポットを楽しく回るモデルコー … 【タイムセール】冬~春の沖縄北部を満喫♪人気の古宇利島に宿泊☆をご紹介。ホテル・旅館の宿泊予約、国内旅行ならドコモのdトラベルをご利用ください。 おすすめ観光スポットやモデルコース、子連れ向けホテルの情報もぜひ参考にしてくださいね。 冬の沖縄2泊3日、観光プランの組み方は? 今回は沖縄本島のみで、北部(美ら海)、中部(那覇)の間をメインに観光 … ですが沖縄の海を楽しみにしている方へのおすすめスポットがあります!今回は沖縄在住の現地ライターがおすすめする、雨の日でも冬でも楽しめる沖縄本島北部の観光スポット&アク … おすすめ観光スポットやモデルコース、子連れ向けホテルの情報もぜひ参考にしてくださいね。 冬の沖縄2泊3日、観光プランの組み方は? 今回は沖縄本島のみで、北部(美ら海)、中部(那覇)の間をメインに観光 … 沖縄では近年では冬のアクティビティとしていちご狩りができるスポットも増えています。珍しい白いいちごが食べ放題の農園や人気レジャースポットの中にある終日遊べるスポットもあります。そんな魅力的な沖縄のいちご狩りスポットをエリア別にランキングします。 冬の沖縄で何する?考える必要はありません。冬の沖縄は本州と比較して気温も高く過ごしやすい気候となっています。冬のアクティビティから見どころの多い観光地など多くの見どころがある冬の沖縄県!冬の楽しみ方を紹介していきましょう。 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? 沖縄の歴史や自然を体感できる複合レジャー施設も点在し、雨の日や空き時間に楽しめるスポットもたくさんあります。 またダイビングやシュノーケルスポットとして人気の真栄田岬には、観光客から絶大な人気を誇る青の洞窟があります。 今沖縄本土で人気急上昇中のエリア、やんばるって知ってますか?やんばるは沖縄本島の北側のアリア、大自然の残る癒し効果抜群のスポットが多い場所を指します 美ら海水族館よりもっ … 「沖縄=南国。やっぱり行くなら夏でしょ!」と思っている人も多いかもしれませんが、冬だって魅力がいっぱい。沖縄本島の1〜2月の平均気温はおよそ17℃と、東京の4〜5月くらいの過ごしやすい気候。加えてオフシーズンだから観光客が少なく、人気のスポットもゆっくり楽しめるんです。それでは、冬の沖縄本島のおすすめスポットを紹介します!, 太陽光線の反射によって洞窟全体が青く輝いて見える場所。シュノーケリングやダイビングスポットとしても人気で、海に潜るとたくさんの熱帯魚や珊瑚礁を見ることができます。沖縄は一番寒い2月でも海水温は20℃前後とあたたか。ウェットスーツをしっかり着れば、あまり寒さは感じません。混雑が少ない時期に、ゆったりと洞窟内を満喫しましょう。, 那覇では2月ごろから桜が見頃を迎えます。与儀公園は、濃いピンク色の花弁が特徴のカンヒザクラの名所として知られています。約400本が咲き乱れ、2月20〜24日には「なはさくらまつり 2019」が開催されます。園内に植えられたガジュマルやヤシの木と一緒に桜を楽しめるのも、沖縄ならではの光景です。, 沖縄きってのシークヮ-サー生産量を誇る大宜味村の喫茶店。「手しぼりシークヮーサー」はお店の前に広がる畑で収穫した実を、注文を受けてから手絞りするので新鮮! 10〜1月までは、シークヮーサー狩り体験もできます。ちなみに2019年1月は、台風の影響もあり残念ながら開催中止。天候に左右されることもあるので、出かける際には事前のお問い合わせがおすすめです。, 沖縄本島最北端に位置する岬。天気の良い日は北の方角に与論島や沖永良部島を望む景勝地として知られています。冬は、北風が強く海のうねりが高くなり、荒々しい波が岩にぶつかる光景は迫力満点。周辺は灯りがほとんどないため、星空観察に絶好の環境。空気が澄んだ冬は、水平線近くまで瞬く満天の星が見られます。, 沖縄カヤックイーズでは、カヤックで比謝川(ひじゃがわ)の河口付近のマングローブの群生地を進みます。夏のようにジリジリとした太陽に照りつけられることがないので、それだけでもゆっくりと楽しむことができますよ。ただし、北風が吹きつけることもあるので体感温度は低めかもしれません。撥水加工がされた暖かい服装がおすすめです。, 数十万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れてできた谷。見学するには専任のガイドと一緒に歩く有料ツアーのみとなり、前日までの予約が必要です。女性を意味する「イグナ洞」と、男性を意味する「イキガ洞」を歩いたり、巨大に成長した「大主(ウフシュ)ガジュマル」を見ることもできます。夏は虫が多いですが、冬はあまり虫の心配がありません。約1時間20分のツアーなので歩きやすい格好がベスト。風を通さないウインドブレーカーもおすすめ。, 那覇から西へ約40kmの海上に浮かぶ慶良間諸島。周辺海域には冬にザトウクジラが出産や子育てのためにやって来るため、1月下旬〜3月中旬頃にホエールウォッチングが開催されます。那覇や中部(北谷・読谷)、北部(本部)からボートで出発するツアーがあるので、沖縄本島ステイでも楽しめるのが嬉しいところ。大迫力の野生のクジラを見に行ってみませんか。. The average temperature in Tokyo in January is 6℃ - so, at the very least, you get the … 冬の沖縄を満喫できる現地スタッフお薦めの遊びが満載!気温も暖か沖縄 冬季限定のホエールウォッチングから冬の沖縄を楽しむレジャー&アクティビティまで格安オプショナルツアーが盛りだくさ … 1月の沖縄観光には、真夏のシーズン中には出来ないことが盛りだくさん!私も20年ほど前に1月沖縄旅行をした際、1月って何が出来るの?!と思って結局分からずじまいでした。が、住んでみると楽しめることたくさん!大丈夫!1月だって沖縄旅行、十分楽しめます。 冬の沖縄へ行くなら、野生のザトウクジラを見られる絶好のチャンス!絶対に見ておきたい3つの理由と、おすすめのホエールウォッチングツアーを紹介します。12月下旬からシーズンが始まりますよ! 沖縄といえども1月は寒く、しっかりとした防寒対策が必要です。海はクローズド期間に入るので、ビーチリゾートを楽しむのは難しいかもしれません。その代わり、たっぷり観光地巡りを。パワースポットや世界遺産の首里城、沖縄美ら海水族館などの人気観光スポットの混雑が和らぐ時期です。 沖縄の観光シーズンといえば、マリンアクティビティが楽しめる春から秋にかけての時期に集中します。でも、冬の沖縄は魅力がないのでしょうか? そんなことはありません。むしろ、飛行機代や滞在費がリーズナブルになるオフシーズンの冬こそ、沖縄を満喫でき 冬だけど、宮古島に遊びに行きたい! でも・・・冬の宮古島ってどんな遊び方をしたらいいんだろう? と、冬の宮古島観光に悩む方は多いはず。 海水温は冷たくなるので、夏のように水着で海を楽しむのは厳しいですが、1月から3月の平均気温は約18度。 Copyright © 2014-2020 トリップノート All Rights Reserved. 沖縄の水族館といえば「沖縄美ら海水族館」!定番ではありますが、冬でも人気の観光スポットです。巨大水槽には、ジンベイザメの優雅に泳ぐ姿が見学できますよ。館内の各フロアでは … 沖縄本島北部には、有名な「美ら海水族館」だけでなく、たくさんの観光スポットがあります。丸一日かけて、沖縄本島北部ドライブしたときのレポートをします。 沖縄観光【本島北部エリア】自然や文化を堪能できる 豊かな自然が広がり、「やんばる(山原)」とも呼ばれる北部エリア。 万座毛や真栄田岬などのフォトジェニックな景勝地や、琉球 … 沖縄は一番気温の低い冬の2月でも平均気温が17 近くあり、本土よりも温暖な気候で過ごしやすい時期となっています。夏に比べ観光客の少ない冬は、沖縄美ら海水族館や首里城などの人気観光施設をじっくりと見て回ることもでき、冬 … 沖縄県糸満市にある「平和祈念公園」。那覇空港から車で約40分。太平洋戦争の沖縄戦最後の激戦地であり、沖縄戦跡国定公園に指定されています。糸満市摩文仁の丘陵を南に望み、南東側にダイナミックで美しい海岸線を眺めることができます。 沖縄は日本の中で最も南に位置し、いつ訪れても本州よりも温暖な気候を楽しむことができます。島の各地には、歴史を感じさせる建物や大自然を楽しめるスポットが盛りだくさんです。この記事では、冬の沖縄旅行に行った時のおすすめの遊び方について紹介します。 [’20地域の話題 この1年](北部) 北部催し中止・延期相次ぐコロナ直撃美ら海休館 最長2カ月 【北部】新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観光施設の臨時休館や、さまざまなイベントの中止・延期が相次いだ。 冬の沖縄で何する?考える必要はありません。冬の沖縄は本州と比較して気温も高く過ごしやすい気候となっています。冬のアクティビティから見どころの多い観光地など多くの見どころがある冬の沖縄県!冬 … ?>> ホテル予約の定番「楽天トラベル」のお得なキャンペーンはこちら, http://www.busena-marinepark.com/observatory.html. 冬でも「夏のリゾート感」を味わいたい。そんな時は、一年を通して気候が温暖な沖縄・恩納村へ。人気のダイビングスポット、オーシャンビューのカフェ、おすすめ絶品スイーツなど、魅力をたっぷり紹 … 沖縄本島北部の観光スポット8 豊かな自然が広がる沖縄本島北部。 沖縄本島で指折りの人気観光スポットを筆頭に、沖縄の原風景が楽しめる自然スポットや時間を忘れてくつろげる森カフェなど、沖縄 … 夏のイメージが強い沖縄ですが、冬でも気温が20度前後と過ごしやすく、快適に観光することができます。そのほかにも、沖縄にはハイシーズンにはない魅力がたくさんあります。そこで今回は、冬だからこそ沖縄 … 1.冬の沖縄、基本情報 1-1 冬の沖縄の魅力 ・旅行代金が安い! ・夏のハイシーズンより観光客が少ない! ・過ごしやすい気候! 旅行代金が安いことは魅力。その分、ホテルや食事をグレードアップして … 沖縄北部おすすめドライブコース☆おすすめ観光スポットを1日で巡る. ザトウクジラは冬になると温暖な海を求めて南へと移動し、沖縄県や鹿児島県の奄美大島、小笠原諸島近海などで姿を見せてくれます。 理由2.沖縄でのザトウクジラの遭遇率はなんと100% … 沖縄本島北部の「美ら海水族館」や世界遺産の「今帰仁城跡」、人気の古宇利島、透明度バツグンの「瀬底ビーチ」など、マストスポット満載の「本部半島」を巡るドライブプランを紹介します。沖縄自動車道許田icをスタートし、許田icに戻るまでの約8時間のドライブコース。 沖縄は一番気温の低い冬の2月でも平均気温が17℃近くあり、本土よりも温暖な気候で過ごしやすい時期となっています。夏に比べ観光客の少ない冬は、沖縄美ら海水族館や首里城などの人気観光施設をじっくりと見て回ることもでき、冬旅行の意外な穴場に。 沖縄の王道観光地や穴場スポットを一挙ご紹介!大人から子供まで楽しめる首里城や美ら海水族館などの定番をはじめ、穴場スポットや絶景が見られる離島までをエリア別にまとめました! ベストシーズンをはじめや冬まで楽しめる沖縄観光をご紹介するので、参考にしてみてください♪ 家族旅行の行き先として人気の沖縄! 青い海、真っ白なビーチだけでなく、お子様連れにピッタリなテーマパークやレジャー施設も盛りだくさんです。子供から大人まで一緒になって楽しめる、おすすめの観光スポットをエリア別にご紹介。ぜひ思い出に残る、素敵な体験を! 沖縄には、子どもと楽しめる観光スポットがたくさん♪綺麗な海やリゾートホテルのプールで水遊びするのもいいですが、せっかくなら沖縄ならではの体験を家族でしてみませんか?小さいお子様と一緒だからこそ楽しめる、外さない家族旅行の定番スポットをまとめました! 沖縄の冬といえば、一般的には本土と同じく12月下旬〜2月頃を指しますが、その気候は本土とはずいぶん異なります。 沖縄本島の平均気温は17度前後と、本土に比べてかなり高めです。� 名護・沖縄北部の人気の名所・観光スポットに関連した観光情報をご紹介。全国各地の137件の名所・観光スポットに関連した情報の他、ぐるたびは学びや刺激・感動のある旅情報を発信しています。 数多く人気観光地が点在する沖縄。沖縄には人気観光地だけではなく、隠れた名所もたくさんあります。そんな沖縄本島の中央から北部まで、マイナーでマニアックな穴場のおすすめ7選をご紹介!観光客だけではなく、地元民からも愛されている穴場の見どころを解説していきます。 沖縄本島北部の玄関口である名護は、景勝地からテーマパーク、グルメ、アクティビティと観光スポットが豊富!東西、そして北部も海に面しており、海岸線の美しさでも知られています。今回はそんな名護で押さえておきたい観光 … 沖縄の美しい海を再現。圧倒的なスケールに感動 北部を代表する観光スポット。世界最大級の水槽「黒潮の海」では全長8.7メートルのジンベエザメや大型のエイも、「サンゴの海」では10 …