ギター・ベースの塗装でよく使われるラッカー塗装とポリウレタン塗装。 高級ギター=ラッカー塗装、それ以外=ポリ系塗装というイメージが一般的です。 概ねその通りですが、きちんと考えて選ばないと … 更なる深淵へ「8弦/9弦ギター」特集, 最も低い音から最も高い音までの範囲を「音域(おんいき)」と言います。ギターとベースの音域を比べてみましょう。, 図:ギターとベースの音域 オープンコードはたくさんあるように思えますが、暗記する必要があるのは「cコード」「gコード」「dコード」のたった3種類しかありません。 この3種類は、ギターコードの中では例外的な押さえ方をする珍しいコードなので、他に応用が効きづらいという特徴があります。 今回は、「ギターのルート音とベース音の違い」についてなんですが、正直自分では明確な答えは出ていません。 「じゃー書かなきゃいいじゃん! 」とか言われそうですが、ちょっとした違いくらいなら言えるのでちょっと書いていみたい思います。 こんにちは!東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。本日は「ギター楽譜の違い〜バンドスコアとギター弾き語り〜」ということで、ギターの楽譜の違いについてご説明していこうと思います! 当然ですが、ギターとベースでは主に鳴らす音の高さが違います。 ベースは基本的に単音で弾くイメージが強い楽器だと思いますが、4弦ベースで考えると構造上ギターの「1・2弦」を無くしたのが4弦ベースですから、コードを弾くこともできるんですね。 僕の場合は、漠然と「バンドやりたいね!」が先だったから、予備知識ゼロで音楽雑誌を買いました。 雑誌を眺めていても、当然ギターとベースの違いすらわからない。 というか、どちらでもよかったんです。 「俺ベースってのやってみるわ。なんかでかくてカッコいいし。 ギターとベースの見た目の違いは画像の通りです。 基本的に、ギターよりベースのほうがサイズは重くて重量も重たい傾向にあります。 ギターとベースの音の違い. ギターアンプとベースアンプの違い. 「ギターとベースって似ているけど、どう違うの?」 ギターとベースの存在を知ったとき、まずはじめに思うことではないでしょうか。 ここでは、今までまったく楽器をやってこなかった方にもわかりやすく、ギターとベースの違いについて解説していくよ。 そもそもギターアンプとベースアンプは何が違うんでしょうか。 1.担当する周波数が違う. 多くのシールドは、ベース・ギター兼用です。しかし、ベースとギターの役割は全く違い、音の帯域が異なります。, もちろん、好みやバンドなどとの相性は大きいのですが、シールドで音が「こんなに変わるのか」と実感することでしょう。, シールドにおいて、「ベースのみ・ギターのみでしか使ってはいけない」などと言うことはありません。, しかし、シールドによって特性の違いがあります。例えば、ベースの種類によって音のキャラクターが違うように、シールドにおいても同じです。, ベースという楽器は、その辺りの帯域をどっしりと構えたいと思います。もちろん、それぞれのシールドによって、細かな特性の違いはあります。, これについては、パッケージの裏に、そのシールドの特徴が書かれているので、それを参考にしてみてください。, その当時は、「ベース用」と言われるものは、あまりなったので、試しに使ってみました。, その際に、ものすごいパワーがある低音が出て、「こんなにも違うのか」と非常に驚いた記憶があります。, これらは、ほんの一例ですが、昨今では様々なメーカーからベースに特化した商品があります。やはり、試して体感することをおすすめします。, ギターは、幅広い音作りを求められるのて、シールドの特徴を吟味(ぎんみ)して、選んでください。, まず、シールドは、電気の通り道です。しかし、「必ず劣化して伝わる」という事実があります。例えば、歩いていくうちに、靴のそこがすり減ってしまいますよね。, そこで、各メーカーが試行錯誤して、「なるべく劣化を少なくする」・「なるべく低音だけは劣化の幅を抑える」・「中音の劣化の幅を抑える」「高音の劣化の幅を抑える」などと開発しています。, ベース・ギター兼用のシールドは多いですが、「ベース専用」または「ギター専用」と言ったシールドはあります。, Copyright © 2020 初心者のためのエレキベースの知識 All rights Reserved. ピアノの鍵盤は、もっと上まで続いています。またこれはあくまでもギター/ベースで「よく使用する音域」を表したものです。ギターとベースはもっともっと高い音を出すこともできますし、「多弦」ならもっと低い音を出すこともできます。, ギターとベースでは守備範囲にしている音域にも違いがあり、ベースの方が低い音域をカバーしています。博士の演奏でも「ギターは高音が目立ち、ベースの音は低い」ということが確認できますが、同じように演奏するとベースはギターより1オクターブ低くなります。ギター/ベースの比較ではギターが高い音を担当するように感じますが、ピアノを基準とするとギターもそれほど高いところをメインに演奏するわけではないこともわかりますね。, ギターの音域は伴奏用の和音(コード)を演奏するのに適しており、あらゆる演奏でさかんに使用されます。いっぽうベースの音域では和音が効きとりにくく感じやすいので、一般的に和音が演奏されることはそれほど多くありません。, ギターとベースはその音域の違いから、バンド内での役割、またよく行われる演奏内容にも違いが現れます。ギターではコードを活用することが多いことから、, このようなさまざまな伴奏で「響きとリズム」を伝えるための演奏が主体となります。エフェクターを活用して多彩な音色を駆使することも多いですね。その華やかさから、博士は「彩りを加える」と表現しています。また時として、ギターソロなどのリードプレイ(メロディ演奏)も必要とされます。, 対するベースは「ボトムを支える」と表現されるように、バンドで出す音の最も低いところを主に狙って演奏します。また博士が「リズムの要(かなめ)」「アンサンブルの骨組み」と表現するように、ドラムと合わせて「リズム体(たい)」と呼ばれ、バンドの「ノリ(=グルーヴ)」をつかさどります。ベースの低音はスマホのスピーカーでは聞きとりにくいこともありますが、ライブ会場では床や壁をズンズンと振動させるほどの存在感を発揮します。スラップなどベース特有の派手な演奏も魅力的です。, ただし、こうした役割はあくまでも音楽的なものであって、演奏する本人のキャラクターと一致することも、しないこともあります。派手な演奏をするプレイヤーがプレイスタイル通りの性格の人ばかりではありませんし、堅実なプレイを身上とするミュージシャンが実はおっちょこちょいだということも少なくありません。これから楽器を始める人は、必要以上に自分の性格にこだわらず、やってみたい演奏、出したい音、触れてみたい楽器など、音楽への気持ちを大事にして楽器を選んでください。, 音域の違いに関連し、ギターとベースでは楽器本体の大きさにも違いが現れます。出す音が低くなるにつれて、必要な弦は太く長くなっていきますから、ギターよりもベースの方が大きくなっているのが普通です。この体格差が逆転することはほぼなく、小型化したミニベースでもギターより大きいのが普通です。, またギターの弦はかなり細く、最も細い1弦は直径約0.2mm(=0.008インチ)ほどにもなります。1弦から3弦までが裸の「プレーン弦」で、4弦以降が芯に線を巻いた「ワウンド弦(巻弦)」です。ベースの弦は太く、ほとんどのベースの弦が巻弦です。, 以上、いろいろな観点でギターとベースを見比べてきましたが、表にまとめて全体をざっと見直してみましょう。, ここまでチェックすれば、だんだんギターとベースの違いが自分で判断できるようになってくることでしょう。さてあなたは、ギターとベースでどっちを選びますか?, 最初のうちは自分の判断基準も頼りなくてなかなか選べないかもしれませんが、今まさに気になっている方を選べばいいのです。音やルックスが好きな方でいいし、好きなアーティストが持っている方でもいいんです。「良く分からないけど、何となくこっちが好き」みたいな根拠のない初期衝動こそが重要です。, さて、ギターとベース、どちらが難しいのでしょうか?多くのギタリストにとっては、ベースは難しいと思うようです。反対に、多くのベーシストにとっては、ギターは難しいそうです。ピアニストやドラマーにとっては、ギターもベースも難しく感じるでしょう。要するに「自分が慣れていない楽器は難しい」のであって、まだ楽器を始めていない、慣れる以前の人にとってはどちらが難しいということは全くないのです。練習すれば必ず弾けるようになりますから、「ひょっとして難しいかも」という心配はありません。自力で練習するのが不安な人は教室に行ってみましょう。, ギターとベースの違い、わかったかな?漫画の続きを見てみよう。 ギターとベースは同じような見た目をしており、シールドでアンプに繋いで音を出すなどの共通点もたくさんあります。 しかし、見た目ではわからない相違点もたくさんあるので、違いを理解して自分に合ったものを選びましょう。 ここでは、ギターとベースの違いについて紹介します。 ギターとベースの音について実際に動画で比較してみましょう。 ギターの音 ギターで押さえづらいコードってありますよね。Fコードとか。そんな時、省略してコードを押さえることが出来ます。それが省略コードです。省略コードを使う理由、使い方などを解説します。 オンコードはルート音の指定. ベースにもコードの押さえ方があるのをご存じでしょうか。 このコラムでは数回に渡ってコード奏法の魅力について解説していきます。 さあ、今までとちょっと違った練習方法をやってみませんか? [CDATA[ */ バンドが演奏している様子を見ると、ギターとベースという、一見すると似た楽器がある。 とりあえず、並べて違いを見ていこう。 左側の緑色の方がギター(エレキギター)で、右側の白い方がベース(エレキベース)である。 (安物で申し訳ない) こんにちは!東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。本日は「ギター楽譜の違い〜バンドスコアとギター弾き語り〜」ということで、ギターの楽譜の違いについてご説明していこうと思います! ギターアンプでは素晴らしいサウンドのベルデンのいわゆるウミネコケーブル?(又は8460)は ベースだと中高音域では余り違いはありませんが、肝腎の低音域で音痩せ(抜け落ち)現象をおこします。 ベースは、ドラムと共にリズムを刻み、コードのルート音(基準となる音)を構成し、そのコード上でメロディが奏でられるためにも重要なパートです。時に攻め、時に守り、全体を指揮する司令塔。全体を一番よく理解していなければいけないパートなのは言うまでもありません。 ベースとギターの違いは?エレキベース・ギターを徹底比較! ベースオクターブ奏法とは?コツは?練習は?ポイントを解説; ベースのエフェクターの順番は!?疑問をサラッと解決!! ベースのアクティブ・パッシブ?回路説明なし!明快解説! ギターで押さえづらいコードってありますよね。Fコードとか。そんな時、省略してコードを押さえることが出来ます。それが省略コードです。省略コードを使う理由、使い方などを解説します。 /* ]]> */, シールドによって特性の違いがあります。例えば、ベースの種類によって音のキャラクターが違うように、シールドにおいても同じです。, Monster Cable(モンスターケーブル)から、「Monster Bass(M BASS2)」, KAMINARI GUITARS(カミナリギターズ)から、「ELECTRIC BASS Cable(K-BC)」, Custom Audio Japan[CAJ](カスタム・オーディオ・ジャパン) から、「Master’s Choice for Bass(MC B)」, Custom Audio Japan[CAJ](カスタム・オーディオ・ジャパン) から、ギター用 シールドケーブル KLOTZ Master’s Choice MC G, KAMINARI GUITARS(カミナリギターズ)から、Electric Guitar Cable (K-GC). /*