戸籍謄本または戸籍抄本を発行したい場合はどの戸籍証明書を選択すればよいのか。 a15. 本人が戸籍謄本を請求する場合、下記の3条件が整っていれば、コンビニのマルチコピー機で取得できます。平日・土日祝問わずサービス対応時間内(6時30分~23時)であれば手続きでき、スケジュールの都合で窓口に向かうのが難しい人や、急ぎの人におすすめできます。 戸籍を発行するには、役所の窓口で取る・郵送・コンビニで取る方法があります。本籍地が遠い場合や忙しくて取りに行けない場合には、郵送やコンビニで取得する方法を活用します。 取得方法(1) 郵送で取り寄せる 個人番号(マイナンバー)カード; 利用者証明用電子証明書の 暗証番号(数字4桁) 取得できる証明書. コンビニのマルチコピー機では戸籍謄本はもちろん、戸籍妙本や印鑑証明、住民票などさまざまな公的書類を発行できます。こういった書類は普段使わなくても、いざという時に急に準備しなければならない場合もあるでしょう。 コンビニで戸籍謄本を取得するデメリットは、市町村によってはコンビニ発行を行っていないことがあるということです。 コンビニ発行を行っていてもキオスク端末がなれば取得できませんし、マイナンバーカードを持っていることが必須となっています。 セブンイレブンのマルチコピー機を使おう . 5.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明書(戸籍抄本) 本市に住民登録があり本市に本籍がある方に交付できます。 住基カードによる戸籍謄本・抄本の請求の際は、第一暗証番号(数字4桁)および第二暗証番号(数字6桁)の入力が必要です。 -->. -->, サービス提供市区町村の詳細は、以下の各リンクをクリックするとダウンロードできます。,